荒屋遺跡(日立市茂宮町)


熊野神社やカナイ神のある近くに荒屋遺跡(日立市茂宮町)があります。

PA090460.JPG

PA090459.JPG
 
このあたりは大昔、山麓まで湾入していた海水が後退し、久慈川流域や茂宮川流域の低地は湿地帯となり、あたりには葦が生い茂り、それを開拓して、現在に至り、人々が住む集落が出来上がったといわれています。
 
何十万年前の地質時代からみれば、荒屋遺跡は1500年〜1700年前といわれ、現在の集落を形成したのは更に新しい時代です。
 
現在は水田や畑が広がり、用水路の水の流れる音が聞こえるばかりでした。
 
水田の中にある荒屋橋に立つと水と緑に恵まれ静かな里に秋はゆったりとすぎていくようでした。

☆ヒサコの一句☆                                       
静かなる 荒屋遺跡は 水の里


タグ:荒屋遺跡
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。