羽黒神社(日立市大和田町)


大和田町田中内には創建時期の古さに定評のある鎮守羽黒神社(日立市大和田町)が国道6号と293号の交差点の近くの奥まったところにありました。

P9200423.JPG

P9200428.JPG

P9200427.JPG

祭神は木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)と石長姫命(いわながひめのみこと)の二神とし御神体を鏡としました。
 
羽黒神社は延暦16年(797)坂上田村麻呂は征夷大将軍に任じられ同20年(801)蝦夷征伐に向かい、この地を過ぎるとき、里の多くの女性がお産に苦しむのを聞き、藤原某に図り、小社を創設し、石長姫命、木花咲那姫のニ柱を祭神として奉紀させたといいます。
 
それ以来お産に苦しむものがなくなり里人はその徳を尊敬したといいます。
 
元慶2年(818年)になって焼失したが天慶2年(939)朱雀天皇のとき、藤原仲平により再建されたという。
 
元禄年中(1688〜1703)徳川光圀は二柱を分け、石長姫命は元の社に祀り木花咲耶姫は新たに社殿を立てて遷座し、羽黒大明神として田中中村の守護としました。
 
明治維新後、羽黒神社と改修しました。
 
また木花咲那姫命は山火鎮護、五穀豊穣、養蚕の守護、縁結び、子授け、安産など女性の幸せ守護神とされています。
 
神社はまわりが民家のなかにあって大きな鳥居にはいると静かで落ち着いた境内には厳かな雰囲気が漂い

大きなカリンの実やすっかり枯れドライフラワー状になった紫陽花が季節の移ろいを感じさせてくれます。

☆ヒサコの一句☆
 
秋色の 古き社に 枯れおばな


タグ:羽黒神社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。