東福寺の銀杏(日立市河原子町)


雪雲が垂れ込め河原子海岸は人影もまばらでした。
 
河原子海岸から程近い東福寺(日立市河原子町)がある一帯は昔、田名保といわれました。
 
河原子八景に「田名保の落雁」があります。
 
田名保あたりで秋風ふけば、雁のたよりに気がとめて、冴えた月夜の空をみあげていたのでしょうか。

また河原子八景に「東福寺の暮雪」もあります。

P2220893.JPG
 
寺に暮雪が降りしきる様子や残雪が寺の瓦に白く積もる光景が美しかったのかもしれません。

東福寺の一角に樹齢約320年のイチョウ(市指定樹)の巨樹があります。

☆ヒサコの一句☆

静かなる 暮雪の寺に 老銀杏

P2220889.JPG
 
明治末に河原子小学校が新設されるまで寺の本堂を「河海舎」と称して校舎がわりだったそうです。
 
河原子の歴史をみてきたイチョウも今は老木になって少し寂しく見えました。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。