クレマチスが雨にぬれて咲いていました。


クレマチスが秋の日の雨にぬれて咲いていました。
 
珍しいのでよく見ると、日当たりのよい南側の垣根に蔓をからませて咲いていました。
 
花色の美しさと形、蔓枝、葉の姿が上品で日本風の庭によく調和しています。

クレマチスは優しい雰囲気を持つ大輪の花ですが、私の記憶では初夏の頃、ピンク、紫、白色の美しい花クレマチスの思い出ばかりが浮かんできます。
 
クレマチスはアサガオのように巻きつくのではなく、自然の流れの中、葉などに触れるとがっちりと絡み付いてきます。

蔓が強く針金のようなのでテッセン(鉄線)と呼ばれていますが、正式にはクレマチスが正しいようです。
 
クレマチスは中国原産のキンポウゲ科の多年草です。

落葉低木で花を観賞するため栽培されています。
 
今の時期、生き生きと咲くクレマチスは、秋の花、シュウメイギクやコスモスの中でも違和感なく咲いている姿にしみじみと花の持つ優しさに触れた感じです。

傍に見上げるほどの大木に金木犀の花が咲いていて、その香りがあたりを包み、秋の1日が静かにすぎていきました。
 
      絹の雨 優しい花は クレマチス
                        ヒサコ
PA010226.jpg


タグ:クレマチス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。