家の裏のひまわり


夏の太陽がジリジリ照りつけ気温も上昇してきました。
 
日本全国、猛暑列島ですがこの数日間、豪雨、突風に見舞われ、前線沿いに発達した雨や雲の仕業で川で遊んでいた人達をのみこみ犠牲者まででました。
 
自然が荒れくれた時、人間は何の手だてもないのでしょうか。
 
家の裏の草むらに夏の花、ジリジリと照りつける夏の光を浴びて大輪の花、ひまわり(向日葵)が咲いています。

P7290257.jpg
 
今は草むら状態ですが、以前は大量のひまわりが咲き乱れ、イタリア映画「ひまわり」のように壮観な眺めでした。
 
昨夕は蜩(ひぐらし)も鳴いて草むらも賑やかになりそうです。
 
ひまわりはアメリカ原産のキク科の大形一年草で全体に剛毛があり、

大形の葉は互生し橙黄色の花が夏から秋にかけて咲き花は茎の先に一個ずつ、横向きに咲きます。
 
ひまわりは大形の花ですから、水分をよく吸い込み、周りの植物が育ちにくいといわれ、独特の大きな葉は、どんどん水分を
 
蒸散するので、水分が足りないとすぐしおれてしまいます。
 
ひまわりは燃えるような炎天下に咲くダイナミックな花ですね。
 
  向日葵は せみの声にも 横を向き
                    ヒサコ
 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。