セイヨウフウチョウソウが爽やかに咲いていました。


セイヨウフウチョウソウが爽やかに咲いていました。

今日はどんよりと雲が垂れ込め、時折、雨が降ったりやんだりはっきりしないお天気です。
 
裏の畑に風が揺れて、セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)が爽やかに咲いているではありませんか。

P7260229.jpg
 
フウチョウソウはクレメオともよばれ、ピンクの色をつけて7月から9月頃まで咲きます。
 
以前、友達からいただいて我が家の花壇に仲間入りしたことがありましたが、ひと夏咲かせて、風のように消えてしまったのがとても
 
残念に思ったのを覚えております。
 
暑い夏、すがすがしい花色とやさしい姿に、私は無理をいって貰い受けたんです。花の穂が長く、無風なのに穂がゆれてその姿が
 
フワフワとして面白かったんです。
 
フウチョウソウは夕方の頃咲き、次の日の昼にピンクの色が薄くなるといいます。
 
この可愛らしい花の由来は、蝶が舞う姿を連想させるという、風に揺れるその姿はまさに名前の通り風蝶草ですね。
 
この花がまた見られるなんて幸せです。

    通り雨 風蝶草は 舞い踊る
                    ヒサコ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。