久慈浜海岸(日立市久慈町)


日立灯台のある公園の崖下は遠浅の穏やかな久慈浜海岸(日立市久慈町)が広がっています。
 
久慈浜海岸は海水浴場、久慈漁港 日立港、久慈川の河口と続いています。

P8220391.JPG
 
万葉集にも「久慈川はさきくありまてしほふねに真かじしじぬき吾はかえりこん」とうたわれています。
 
また水戸藩主、水戸義公もこの浜に遊び「朝な夕なあみひくあまの手もたゆくいとまも波の世を渡る哉」と詠んだといいます。
 
ある日、義公は鰹船にのって沖に向かっていると鉄砲を2,3発撃ち放った者があり、供の者が驚いた様子であったが、義公はその時、これは必ず河原子に隠居している中山風軒(水戸家老)が自分の身を案じての軽挙を諌めるための発砲であろうと早速、船をを戻して人を遣わし、その軽挙を侘びたという浜でもあったのです。
 
現在の久慈浜海水浴場は遠浅で砂原は長く若者に人気があります。

P8290405.JPG

P8290410.JPG
 
また久慈川の河口には日立港が開湾され、久慈漁港に隣接し、日立港はその南側に位置しています。
 
昭和32年(1957)6月、釜坂の地に埠頭建設が着手され、2年余にこの難工事は完成しました。
 
昭和42年(1967)重要港湾に昇格し開港の指定をうけ、内外航路が急激に増加し、活況を呈しています。

P8290411.JPG
 
清流と景勝を誇る久慈川も流域住民にとっては長い水との戦いがありました。
 
久慈川はひとたび暴風雨がくれば、大洪水で川が溢れ、濁流は堤防を決壊し、耕地、家屋、人命までも奪うその
 
惨状はひどいものがありましたが、昭和14年(1939)には、国は直轄工事として治水工事がはじまり、今では被害が少なくなりました
 
これまで久慈川は水との戦いに苦難の歴史がありました。
 
今は様変わりした久慈川も、子供の頃、改修前の久慈川で夏の夕涼みに家族で舟に乗ったり、海水浴で水府流の泳ぎを見せてくれた亡父の懐かしい思い出があります。

☆ヒサコの一句☆

久慈河口 古(いにしえ)の河 懐かしむ


タグ:久慈浜海岸

水木海岸(日立市水木町)


日立灯台のある古房地公園の近くに水木海岸(日立市水木町)が見えます。

P8220399.JPG

P8220401.JPG

P8220402.JPG

水木海岸は日立風土記に密月の里として記され、古くから知られている海浜です。
 
海岸は遠浅で小さな湾を成し、波静かなうえに広い渚を有し、南端の突き出した田楽鼻から久慈浜に至る海岸は荒波にまかせて削り立っています。
 
波静かな海岸から左には河原子の烏帽子岩の奇岩が望まれ、右には日立港、背後には泉が森の名勝地があります。
 
このあたりは古戦場、みかの原としても知られているところです。
 
南端に突き出している田楽鼻は72年に一度の金砂神社、磯出大祭礼の言い伝えのある歴史ある海岸です。

P8220396.JPG
 
金砂神社の祭礼に神輿がここまで渡御し磯出祭で田楽舞がおこなわれます。
 
前回の平成15年3月に第17回の祭礼が行われ、ご神体が水木海岸に清められました。
 
そのときの様子は金砂郷から大勢の氏子さんたちが水木海岸まで盛大にして厳かに行われたのを覚えています。
 
近くの公園には大祭礼の記念碑もあり、後世に歴史ある行事を伝えてもらいたいものです。
 
今夏の酷暑に大勢の海水浴で賑わう海岸は夕方まで元気な声が聞こえました。

☆ヒサコの一句☆
 
ゆく夏や 祭り懐かし 田楽鼻 
タグ:水木海岸

日立灯台(日立市大みか町)


国道245号の大みか駅入り口の信号を海側に入ると古房地公園の中に日立灯台(日立市大みか町)が見えます。

P8220386.JPG

P7080357.JPG
 
古房地公園はは標高20メートルほどの高台にあります。
 
芝生の公園には少し前まで可愛らしいネジリ花が顔をみせ、松林の近くには夾竹桃の花が灼熱の太陽の下、咲き誇っていました。
 
公園には東側は崖下20メートルに太平洋、北には田楽鼻、南は日立港などを望める展望台があります。

日立灯台は重要港湾の新設開湾にあわせ、同湾を出入りする船舶および沿岸を航行する船舶の安全を図る為、昭和42年3月31日に設置点灯されました。
 
この灯台は遠隔でかんしされ無人方式で運用されて船舶の大切な道しるべとなっております。設置以来多くの船人の命と財貨を救ってきました。
 
灯台の近くでは多くの家族ずれで賑わっていました。
 
昔、子供会の遠足で子供達と一緒に遊んだときの灯台も、周りの景色とともに今も変わりなく、時の流れが止まったような懐かしさを感じました。

☆ヒサコの一句☆
 
虫の声 無人灯台 照らす月

延命地蔵尊(日立市大沼町)


6号国道沿いにある大沼自動車学校の近くに延命地蔵尊(日立市大沼町)がありました。

P6180319.JPG
 
住宅街の中に墓地があり、その片隅にひっそりとお地蔵様が赤色の布をまとって小さな小屋の中に鎮座していました。
 
延命地蔵尊は宝暦13年(1763)に建てられたものです。
 
像は右手に錫杖、左手に宝珠を持った立像で衣を通肩にまとい蓮華座上に立っています。
 
お顔は穏やかで、非常にに整っており、立像姿は大柄で大きなお顔に赤い帽子がよく似合っています。
 
まわりには千羽鶴や人形、花などがそえられていました。

延命地蔵とは延命利生を誓願とする地蔵をいうそうです。
 
長い間人々を見守ってきた路傍のお地蔵様を、遠い昔からけっして裕福ではない、名もない庶民の人々が拝んでいたのかもしれません。
 
お地蔵様を見るたびに遠い昔の人々の暮らしを思いめぐらして手を合わせてしまいます。
 
時代が変わっても時折、手を合わせ花や千羽ズルに思いを託している人達をお地蔵様はにこやかにみているようです。
 
昔は延命朝日地蔵尊といわれたそうです。

あたりにはピンクや白の芙蓉の花が咲いています。

虫の音がどこからともなく聞こえ小さな秋を感じさせてくれています。

☆ヒサコの一句☆

地蔵さま 雨乞い祈る 猛暑かな
タグ:延命地蔵尊

天満神社(日立市河原子町)


潮霧のけぶるこのあたりは河原子海岸を見下ろすように高台にあり、樹木にすっぽり覆われた天満神社(日立市河原子町)がありました。

P5210166.JPG

P5210160.JPG

P5210161.JPG
 
鳥居の入り口には由来碑があり、それによると、学問の神さまとして崇め尊び奉る菅原道真公を祭神としています。
 
創立年紀は不祥ですが慶長13年(約400年前)大久保榎木に鎮座してあったものを、此処に移し、当時は北野天満宮と称し、元禄8年水戸光圀の命により、一村鎮守のため天満宮と改称し、二石二斗二升の除税地となりました。
 
後に天満神社と改称され、終戦後、神社の社格は撤廃され、宗教法人として存続し現在に至りました。
 
境内には秋葉神社、稲荷神社、大杉神社、八幡神社、金刀羅神社、鷺森神社の八社が末社として祀られています。
 
ここ天満神社は1月1日の歳旦祭、2月の節分祭、7月の津神社の海開き、11月の七五三祭などが行われまた学問の神さまの神社として入試祈願も多いとききます。
 
海辺の町らしくワカメ干しをしている人がいて潮の匂いがする天満神社は蒼緑の繁みの中にありました。
 
近くにはぽつんとオニユリのさびた朱色がとても印象的でした。

☆ヒサコの一句☆
 
朱塗りの 天満宮は 霧の中
タグ:天満神社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。