日立鉱山の大煙突(日立市宮田町)


冬空に名物の煙突は往年の形より小さくなりましたが、依然として風格のあるお姿は静かに余生をおくるご隠居様にみえました。
 
日立市宮田町の大煙突は鉱業都市、日立の名物といわれ、日立鉱山の大煙突は高さ156メートル、海抜325メートルの山上に立っていました。

☆ヒサコの一句☆

煙突の 雄姿懐かし 冬の雲

P1250728.JPG

P1250726.JPG
 
この煙突は日本銅山が創立以来の悩みとなっていた煙毒問題を解決するため久原久之助が大正3年(1914年)3月、着工、同年12月20日、完成されたもので当時、世界一を誇る大煙突でした。
 
ところが平成5年(1993)突然、下部3分のTを残して倒壊してしまいました。

不滅の日立のシンボルが倒壊するなどにわかに信じられませんでしたが、寂しさより長い間、ご苦労様という感じでしたね。
 
煙突建設の克服に努力した当時の地元住民の葛藤の様子は直木賞作家、新田次郎の小説「ある町の高い煙突」で全国的に知られるようになりました。

P1250724.JPG

神峰公園の一角に記念碑があります。
 
日立鉱山は昭和58年(1981)閉山、大煙突建設の頃は製錬所の周囲は禿山でしたが、今は緑におおわれるようになりました。
 
倒壊後、3分の1に修理され、今はリサイクル工場の水蒸気が出ています。

手前はダルマ煙突です。



雑木林〜日立市諏訪町平和台から〜


厳寒の季節は草や木がみな枯れはてて、荒涼たる冬枯れの景色になりました。
 
林の木立が葉をふるい落とし、裸になって寒々とした木々が立ちつくしているばかりの雑木林がありました。

P1230714.JPG

☆ヒサコの一句☆

枯れ雑木 足音だけの 時雨道
 
蔓の枯れ木がからまり落葉樹の枝の間から遠く太平洋が望めます。

時雨れ雲が北の空に流れて雑木林に冬の白梅がはらはらと雪を散らしたようにみえました。

P1230718.JPG

小豆洗い不動尊の祠(日立市成沢町)


日立市成沢町の鮎川湖畔に安置されている小豆洗い不動尊がひっそりと祀られています。
 
小豆洗不動尊は約600年前、室町時代に佐竹氏の家臣、佐藤馬之亮が小豆洗いの地をえらび築城したものです。
 
小豆洗の館の守り本尊として小豆洗い不動尊は御尊像を祀り守護神として館の安泰をねがいたるものとして伝えられたといわれています。
 
成沢の大学橋より北東80メートルのところに建立されました。
 
鮎川清流の崖の中ほどに小さな祠があり、民家やマンションのある小道を下っていくと見つけることができました。

☆ヒサコの一句☆

不動尊 隠れ祠に 冬日さす

P1200677.JPG
 
あたりはまだ畑や梅林や竹林があって静かなところです。
 
時折、小鳥の羽ばたく音が静寂をやぶってびっくりしてしまいます。
 
民家の庭にはゆずや夏蜜柑の木の橙色の果実が冬の青空に映えていました。

P1200683.JPG

日立市桜川町の相馬碑と念仏橋


日立市桜川町を流れる桜川の両岸には春になると満開のサクラが美しい所です。
 
桜川のあたりを散策すると450年前、ここが古戦場であつたことなど信じられないほど今は忘れられた存在になりました。

永禄5年(1562年)8月、相馬中村(福島県)の城主、相馬盛胤の率いる軍勢が当地方に攻め入り、佐竹義昭の軍勢と孫沢原で激突しました。
 
相馬軍は多くの戦死者をだして敗走しました。

戦死した相馬軍の将兵の遺体は桜川の橋のたもとに葬られ「金剛界五仏」を表す碑が建立されました。
 
当地の人々は供養を絶やさず、念仏を唱え、この橋を念仏橋としたといわれています。
 
後年、相馬氏が江戸の往復のとき、この地を通り

「春くれば彼岸桜は咲きにけり 身のあわれさは孫沢にあり」

と詠んだといいます。

PC230549.JPG

☆ヒサコの一句☆

いにしえの 念仏橋は 枯れ桜

P1210701.JPG

相馬碑はその時、戦死した相馬軍将士を弔った供養碑です。
 
現在は国道6号はじめたくさんの道路や橋ができて、どのあたりが悲劇のあった念仏橋なのかわかりませんが手厚く葬って供養を絶やさなかったという当時の人々の温かい気持ちがつたわります。

ノイバラ(野茨)の実


ノイバラ(野茨)が寒風にもめげず赤い実をのぞかせていました。
 
ノイバラはの日本のいたるところの山野に自生しています。
 
花はよく分枝した5月から6月頃、枝先に白色や淡桃色の花をたくさんつけます。

☆ヒサコの一句☆

野茨や やわらかき陽に 色ずく実

PC270572.JPG
 
ノイバラはバラ科の落葉低木、高さ2メートルぐらいになり、枝にトゲが多いです。
 
晩秋から冬にかけて長さ1センチぐらいの壷形の赤く熟した実を小枝にたくさんつけて美しく、葉が散った後にも赤い実が残っているのがまた風情があっていいですね。
 
何もない冬には格好の野鳥の好餌になっているようです。

鮎川の 冬の白波 寒椿


暦の上では大寒なのに少し寒さが和らぎました。

家の近くにある鮎川海岸を歩いていると紅い寒椿の花が一輪、美しく咲いていました。

P1200697.JPG

☆ヒサコの一句☆

鮎川の 冬の白波 寒椿

日立市の鮎川海岸はたいへんきれいな砂浜で南は断層をあらわした防潮松林が延び河原子海岸に連なっております。

P1200691.JPG

北は会瀬の浜に接しています。

P1200696.JPG

太平洋に鮎川清流が注ぎ、あたりには波に洗い流された丸い石がたくさんあります。

昔、この石を焼いて温めた潮湯が焼き石湯とよばれ、胃腸病や神経痛に効くというので大正14年1月に歌人「島木赤彦」もこの焼き石湯を慕って鮎川に逗留したということです。

P1200688.JPG
 
その時、「夕毎に海の南の雲を染めて茜にほへり風寒みつつ」と詠まれました。
 
1月といえば今の時期、大変寒かったでしょうから焼き石湯であたたまった情景がよくでていますね。
 
この地に島木赤彦の歌碑と焼き石湯の石碑があります。

P1200693.JPG

そばに椿の紅い花が寄り添って、眼前には広い砂原がつづいていました。

諏訪神社の大樹


日立市諏訪町にある諏訪神社は冷たい空気が張りつめて、階段の両側に巨木が鬱蒼としていて圧倒されました。

☆ヒサコの一句☆

ざわめきの 神社の大樹 雉(キジ)の影

P1180656.JPG

P1180657.JPG
 
近くにある諏訪小学校のそばにはカシ(樫)やツゲ、カキ、などの巨木がそびえています。
 
カシはブナ科の常緑樹で暖地におおくあり、実はドングリとして親しまれています。
 
諏訪神社にはカシ、スギ、ツゲ、ヤマザクラなどが見え、樹々の中は薄暗く、時折、日射しがにぶく光っています。
 
諏訪神社の祭神が建御名方命(たてみなかた)です。
 
建長2年(1250)に信州諏訪(長野県諏訪市)の諏訪神社に仕えていた藤原高利(万年太夫と称された)が一夜
 
霊夢により下諏訪明神の分霊を当所下諏訪に勧請したといわれています。
 
その後、万年太夫は近くにある水穴(神仏洞)で村人が不明になったと聞き、これをたしかめるため夫婦で水穴に入りそのまま戻らなかったと伝えられています。
 
諏訪神社にはこの万年太夫が水穴に入る際、自分で夫婦坐像を彫刻していたという「万年太夫夫婦坐像」が社宝として安置されています。

平和台霊園の冬木の桜と石灯籠


四季折々のサクラほどドラマチックな樹はありませんね。
 
春は、まばゆいばかりのヒガンザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノの華麗さは日本に生まれてよかったとつくづく思います。
 
夏のころに葉が緑から美しい色彩に染められ、秋には落葉して地面に積もり、あざやかな赤色から暗褐色へ表面は穴があいて最後は無残にも形がくずれ、ボロボロになって風にふかれ吹き飛ばされてしまいます。
 
私がよく散策する平和台霊園のサクラ並木もすっかり冬木のサクラになりました。

P1150638.JPG
 
葉が落ちて寒々とした裸の姿でたちつくしています。それもまた、わびしさの中に春を待ちわびる枯れ木の下をゆっくりあるくのも風情があります。
 
諏訪町の平和台霊園の中に日立文化財に指定されている東叡山石灯篭があります。

☆ヒサコの一句☆

霜解けに 冬木の桜 石灯籠

P1150630.JPG
 
この石灯篭は江戸時代、徳川将軍家の菩提寺であった上野東叡山寛永寺に地方の大名が奉献したものの1つです。
 
高さ3メートルもあり、石材は安山岩の用い、笠には三つ葉葵の紋章があります。

冬薔薇は 聖女の如く 清まし顔


厳しい寒気が日本列島をすっぽりおおい、どんよりとした黒い雲や身に凍みる冷たい風も冬景色の侘しさを一層感じさせ、体感温度も下がりっぱなしです。

まわりはすっかり枯れ草や木、枯れ蔓がはばをきかせ、あたりは冷たい無味乾燥な風景ばかりです。
 
そんな中、少し色あせていましたが一輪のフユバラ(冬薔薇)が風にもめげずしっかり咲いていました。

PC250562.JPG

☆ヒサコの一句☆

冬薔薇は 聖女の如く 清まし顔
 
バラは四季咲きのものも多く、暖かい地方では秋咲きのものが冬まで咲き続けることがおおくあります。
 
暖かい頃には色鮮やかに咲きほこっていたバラも霜が降り、つめたい風が吹くようになると美しかった花も色あせて見えることが多いものですが、寒くなった時期まで残ったバラの花は、そこはかとなく美しく可憐に見えるものです。
 
この寒のさなか、いつまでも咲いて欲しいのですが、、、、

凍った花びらがやがて散ってしまいそうです。
タグ:冬薔薇

冬木立の梅林〜日立の諏訪梅林〜


日立の諏訪梅林は静かな冬木立が広がっています。

☆ヒサコの一句☆

静けさや 梅の林は 冬木立

P1040580.JPG

P1040581.JPG

冷たい風に300本あまりの梅樹は、まだ蕾さえつけず春はまだ遠いようです。

この諏訪梅林は水戸藩斉昭(烈公)が天保初年に造園されたものといわれております。
 
現在でも烈公お手植えの梅と伝えられる老樹が一本残っております。

P1040584.JPG

また明治35年(1902)歌人である小説「土」の作者として有名な長塚節が諏訪梅林を訪れ

「雪降りて寒くはあれど、梅の花 散らまく惜しみ出でて来にけり」と詠んでいます。
 
今では日立市の梅の名勝として市民の憩いの場所となっております。
 
冬景色の静けさのなか時折、鳥たちの鳴き声だけがあたりに響き、山の方から吹く風はひんやりと冷たくかんじます。

紅梅は 凛と立ち身の 寒の紅


コウバイ(紅梅)の花がポツポツと開くのを見ると、もう早春がきたような気になります。
 
大きな鉢にガラスいっぱいの冬の陽を浴びて咲きました。

P1070608.JPG

☆ヒサコの一句☆

紅梅は 凛と立ち身の 寒の紅
 
紅梅は白梅にくらべ華やかで美しいですね。
 
ウメは日本原産のものと思っていましたが奈良時代に中国から渡来し、昔から早春の花として日本人に大変親しまれています。
 
冬の寒さが厳しい折、一輪、また一輪咲く梅の花はサクラの花のような派手さはありませんが、そこはかとなく耐える力強さ感じさせます。
 
ウメは生長のやや遅い木ですが木質が堅くしまっています。

また年代がすぎて木が腐ったり、皮一枚になったような古木でも樹勢そのものが盛んで萌芽力の強いので次々と元気な枝をのばしていくそうです。
 
コウバイは茎の中心の柔らかい組織である髄が紅色の系統でできています。
 
花色は紅色や暗紅色のものがあります。
 
ウメは昔から日本画によく描かれ、花だけになった古木の枝がよく伸びて、それに蕾や花をつけた枝ぶりのよい形は日本人に好まれる、わび、さびに通じた奥深いものがあるのかもしれません。
タグ:紅梅の花

オモト(万年青)の実


時折、白いものがハラハラおりてうっすらと雪模様の午後になりました。
 
庭の片隅にひっそりと紅い実とつやのある肉厚の葉のオモト(万年青)があります。

PC290575.JPG

☆ヒサコの一句☆

葉隠れに 寒さ知らずの 万年青の実
 
オモトは5月か6月に咲く、淡黄色で六弁の花は穂状に集まっています。
 
実は球形で直径1センチぐらい、それがびっしりとかたまって真っ赤に熟した実は葉隠れにあっても美しくみえます。
 
オモトはユリ科の常緑多年草です。
 
関東、北陸以西の本州から四国、九州までの暖地に野生していますが、ふつうは葉や実を観賞するため栽培されています。

葉は厚くて光沢があり、貫禄さえ感じます。
 
私の子供の頃はどの家の玄関先に八つ手の木とともにオモトの紅い実が植えられていたのを思い出しました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。